いまさら周りに聞けない?!LED電球のいろは

LED電球とはなにか

LED電球は最近よく見かけますよね。皆さんご存知だと思いますが、基礎知識についておさらいしておきましょう。LEDとは、発光ダイオードの略で、電気を流すと光る半導体の一種です。使われ始めたのは意外と古く、1960年代から表示用光源として使われていました。現在のように照明などに使われ始めたのは1993年に青色発光ダイオードが開発されてからとなります。青色発光ダイオードが開発されることによって、使用用途は広がっていきました。

LED電球の省エネ、省コスト性

LED電球は省エネで省コストで知られていますが、実際にはどれほどなのでしょうか。まずは、発光効率です。これは、より少ない電力でどれだけ明るいかの指標ですが、LED電球はほかの照明器具よりも明らかに明るい値になっています。発光効率がいいからLEDは省エネなのです。また、LED電球の寿命は、数万時間とほかの照明器具の数倍から数十倍となっています。取り換える回数も少ないがために、LED電球は重宝されるのです。

LED電球を使用するときのポイントは?

LED電球は、半導体であるがゆえに、白熱電球などと比べるとその使用用途は多岐に渡ります。丈夫で、熱をあまり発生せず、可視光線域の光しか含まれないがゆえに目的や環境に関してはほとんど気にせずに使えます。実際、衣料品や美術品にも使われています。住宅などで使うときには、LED電球には、色の種類や形も様々なものがあるので、利用目的に合わせて使用するものを変える必要があります。部屋などにあった明るさや色を選ぶようにしましょう。

ledパネルならば、明るくて見やすい上に、光熱費を削減することができます。そのために、大幅な利益率アップが可能になります。