大変な事がとても多い!ネットワーク監視の仕事

24時間対応しなくてはいけない事がほとんど

ネットワーク監視を実施する際に時間帯に関係なく、監視作業を実施していかないといけないです。24時間対応をしないと基本いけないのでこれが大変な部分にもなってきます。特に深夜や早朝という時間帯では、人間の生活リズム上どうしても睡魔が発生してしまいます。睡魔との闘いもネットワークの監視では発生してしまいますので、我慢していかないといけないです。このようにネットワーク監視の作業を実施するという事はその分多くの時間に対応しなくてはいけないんですよね。

複数のトラブルが発生する可能性

一つのネットワーク関連のトラブルならば、全力を注ぐ事によって速やかに解消する事ができるでしょう。しかし同時期に複数のトラブルが発生する可能性があるのがネットワークの監視でもあるんですよね。基本的にはネットワークの監視作業は一人で実施するのではなく、二人以上もしくはチームで実施する事がほとんどです。仲間と協力しながら、ネットワーク監視のトラブルを解消していかないといけないので、この部分も意外と大変になるでしょう。

体調管理の調整が難しくもなります

体調管理の調整が難しくなるのも、ネットワーク監視作業の大変な部分でもあるんですよね。仕事先によっては前日は日勤で次の日や夜勤などを実施しないといけない場合もあります。その場合にはネットワーク監視の作業を実施する為に体調管理を念入りに整えていかないといけないです。シフト制などを設けている仕事先も多くて、状況によっては中々連休を取る事ができない場合もあるでしょう。しかしメリットとしては平日などでも休みをする事ができる場合もあるので、このようなメリットも発生しますね。

コンフィグ管理をツールによって自動化をすることで、人為的なエラーを無くしコストを抑えることが出来ます。