こんなにひどい風評被害!と、その対策方法

風評被害とはなにか?

風評被害という言葉自体は近年耳にする人も多くなってきているでしょう。具体的には風評被害とは、根拠のないうわさなどにより悪評が広まり、企業などでは売り上げなどに悪影響が出てしまうことをいいます。この言葉がよく使われるようになったのは、東日本大震災後の原発事故での風評被害からでしょう。この事故の後、福島県産の食物などは安全基準をクリアして市場に出回っているものにもかかわらず忌避されてしまいました。このような風評被害に対してさまざまな対策が行われています。

過激!ネットでの風評被害

風評被害としてもっとも有名なものは福島県のものですが、実は風評被害というものは実に身近なところにあるものです。それがネットでの風評被害で、検索エンジンで検索候補や関連候補にネガティブな言葉が出ることやネットの掲示板や口コミサイトなどで悪意を持って行われることもあります。これらは、退職した元社員や全く関係のない第三者が行うことがあり、放置すると企業の売り上げが大幅に落ちることや新たに会社に入ってくれる人がいなくなることもあります。

どうすればいいの風評被害対策

風評被害を放置し続けると、根拠のないデマや悪評が際限なく広がり続け大きな損害につながります。そのためには早めの風評被害対策が必要となります。東日本大震災後の福島県での風評被害の対策としては、福島県では福島県産の食材の安全性のPRを地道に繰り返しています。ネットでの風評被害対策では、素早く行動することが重要で、ネット上で拡散される前に、掲示板や口コミサイトの書き込みなどでは削除依頼を管理人に出すことが必要です。

インターネットでの風評被害対策は、類似ページを作成し特定ワードの検索順位を低く表示させる逆SEOが中心です。